コンデンスリッチの術後~口コミでわかる豊胸手術の痛みや腫れ~

術後の痛みと回復までに掛かる期間とは

美容外科での治療に関する口コミで、よく見る単語といえば「ダウンタイム」です。これは術後に、日常生活に復帰できるまでの期間を指した単語です。コンデンスリッチによる治療を受けたいなら、このダウンタイムがどれくらい掛かるかも知っておきましょう。

術後の経過による痛みと症状【胸編】

コンデンスリッチで脂肪を吸引する場所は、吸引を希望した場所ごとに異なります。ここでは、脂肪吸引場所を太ももに仮定し、胸に現れる術後の痛みや症状について見ていきましょう。

筋肉痛のような痛み

脂肪注入をした胸に、筋肉痛のような強い痛みが現れます。治療後の2~3日の間がとくに痛みが強いため、処方された痛み止めを服用して対処しましょう。

腫れ・内出血

治療直後からしばらくの間、胸の各所に目立つ腫れや内出血が現れます。治るまでおよそ2週間の期間を要するため、治るまでは気長に待ち続けましょう。

胸が固くなる

手術後は一時的に胸が固くなってしまいますが、およそ1ヶ月後には元通りの柔らかさに戻ります。一般的な脂肪吸引とは違い、固くなった胸をマッサージする必要はありません。

皮膚感覚に違和感がでる

脂肪注入手術を受けて2~3ヶ月の間は、皮膚感覚が鈍くなることがあります。しかし、感覚の鈍麻は一時的な問題であるため、しばらく経てば感覚が戻ってきます。

傷跡ができる

脂肪注入後に、注射跡が残ってしまいます。しかし、傷口は2~3センチと小さいため、目立つことはありません。半年から1年が経てば、傷跡の様子がほとんど気にならないほど落ち着くでしょう。

術後の経過による痛みと症状【太もも編】

痛み

太ももの脂肪吸引をした場合、1~2週間の間痛みが現れます。とくに治療後の2~3日が痛みのピークとなるため、処方された痛み止めを忘れずしっかり服用しましょう。

内出血

およそ1~2週間の間、カニューレを挿入した箇所に目立つ内出血が現れます。もしも傷口表面がカサカサした場合や、ジュクジュクとした化膿が見られた場合、治療を行なった医師に相談しましょう。

むくみ

術後から腫れが現れますが、およそ2週間が経過すれば収まります。また、太ももがしばらくむくみやすくなりますが、術後から1ヶ月の間に徐々に細くなります。

しびれが起こる

胸への施術同様に太ももへの脂肪吸引後は、しばらく皮膚の感覚が鈍くなります。およそ2~3ヶ月経過すれば、元通りの感覚に戻るでしょう。なお、太ももの感覚鈍麻が現れる確率は約50パーセントです。

痒くなる

太ももの脂肪吸引後は、傷口やその周辺にかゆみが現れることがあります。およそ1~2週間で収まりますが、その間傷口を引っかくと傷口に雑菌が入り込む可能性があります。どうしても我慢できない場合、医師に相談してかゆみ止めを処方してもらいましょう。

一部の部位が固くなる

脂肪吸引を行なった後は、吸引された部位が固くなってしまいます。およそ術後から2週間~1.5ヶ月の間に現れるため、固くなっていることが確認できた場合、適度なマッサージを行ない、治癒を促進させましょう。

傷跡が残る

胸への注射とは違い脂肪吸引を行なうカニューレは太いため、目立つ傷跡が現れてしまいます。傷跡自体が完全に消えることはありませんが、6ヶ月から1年が経てば跡も目立たなくなります。

術後に現れる痛みや腫れは、どのような名医が施術を行なったとしても現れてしまいます。しっかりと術後に起こる問題について理解することで、慌てることなく対処できるでしょう。

ダウンタイムに関するQ&A

お酒を出す商売をしています。仕事に復帰できるまでの時間を教えてください。
施術を受けた後は、3~4日の間は仕事を休み安静に過ごしてください。また、お酒を出す商売とのことですが、自分が飲酒をするというのであれば術後2週間は仕事に復帰することは控えた方がよいでしょう。飲酒によって血流量が増えることでの炎症や、アルコールによる体への負担で体の治癒力が落ちることでダウンタイムが伸びることがあります。職業柄飲酒をするというのなら、2週間を目処に自宅で休養をしましょう。

口コミでは、体に負担を与えないオフィスワークを行なっている人の場合、3日で職場へ復帰できたという話もあります。しかし、脂肪吸引や脂肪注入は本人が思っている以上に体への負担が大きいものです。決して無理はせず、大型連休などを利用して家で安静にするとよいでしょう。

コンデンスリッチの悩みを一挙解決!~よくある質問事例~

カルテを持つウーマン

近年注目されているコンデンスリッチは、他の治療法に比べ効果や特徴などの情報がまだまだ世間に浸透されていません。そのため、この治療法についてさまざまな悩みや疑問点があるという人も多いでしょう。下記に、多くの口コミサイトなどでよく見られる、コンデンスリッチについての質問について記載しています。

コンデンスリッチで聞かれる質問集

コンデンスリッチ豊胸を施すことによって乳がんリスクは高まりますか?
豊胸手術は胸への負担も大きな手術であるため、しばしばネットや一部専門家から乳がんのリスクを指摘されます。しかし、統計結果から見れば豊胸手術と乳がんの関連性は0パーセントであるため、手術を受けたからといって、乳がんに罹りやすくなるということはありません。しかしながら、女性に限っていえば乳がんの発症率は他の部位に比べて高いというのも事実。豊胸手術を受けていなくても、乳がんに掛かってしまうことは十分に考えられます。乳がんに罹っているか心配だという人は、マンモグラフィーやエコーなどの乳がん検診を定期的に受けましょう。
ピルを飲むと定着率が良くなると聞きましたが本当ですか?
ピルに関連した論文の中に、脂肪肝細胞の働きをよくするという内容が記述されているため、服用することで定着率を高めることはできるかもしれません。しかし、この論文の内容は細胞の働きを劇的によくするものではないので、ピルを服用したからといって、必ずしも高い定着率が得られるというわけではありません。さらに、ピルには血栓症のリスクを高める副作用や、吐き気などをもたらす副作用も含まれているので、服用することはおすすめできません。どうしても服用したい場合、術後2~3ヶ月の間だけで利用するようにしましょう。
コンデンスリッチは胸以外にも注入できますか?
コンデンスリッチを用いた施術には、胸以外にも顔へ脂肪細胞を注入する手術方法もあります。この方法では、皮下に脂肪細胞を注入することで肌を押し上げ、シワを目立たなくさせるなどのアンチエイジング効果が得られます。顔へ脂肪細胞を注入する場合、通常のコンデンスリッチとは違い、2種類の脂肪細胞を用います。通常の方法で採取された脂肪細胞と、脂肪細胞をさらに細かく砕いて抽出した、肌の成長因子を多く含む脂肪細胞の2つです。
通常のサイズが大きな脂肪細胞は、額やこめかみに注入することで、顔全体の輪郭を丸く若々しくすることができます。砕いてサイズを小さくした脂肪細胞は、目元や唇のしわを改善するために使用されます。成長因子を多く含んでいるため、顔全体の肌質を改善する目的でも使用されます。

コンデンスリッチについて、体への負担やダウンタイムの長さについて懸念を抱く人は多くいます。しかし、適切な対応をすることにより、負担やダウンタイムについての問題も解消することができます。また、コンデンスリッチは、豊胸手術以外にもアンチエイジングのために活用することができるので、どのような目的で施術を受けるかをよく考えた上で治療を受けましょう。

TOPボタン